Webページのすべての広告をブロックするchrome拡張機能

chromeロゴ

Goolge Chromeで広告をブロックする拡張機能といえば、uBlock Originが定番というか、派生拡張が多すぎてどれを使ったらいいか迷ってしまいますが、Nano Adblockerが便利みたいです。詳しくは次のブログをチェックしてみてください。

labtechs-notes - ネット上の広告を消すなら「Nano Adblocker」+「豆腐フィルター」が最良|使い方や設定方法など【PC版】

個人的には、uBlock Originが重たく感じたので、広告をブロックするchrome拡張機能を使っていたのですが、今回はさらに別の拡張機能に乗り換えました。

AdGuardベータ版)(更新:2019年3月22日、サイズ:4.88MiB)

iPhoneやandroid向けのモバイルアプリのAdGuardのほうがメジャーかもしれません。
それほど重くもなく、わかりやすくて使いやすいと思います(もちろん日本語化済み)。
内部フィルタも常にメンテナンスされていますので、標準の設定のままでも問題ないとは思いますが、それでも、次のとおり、いろいろと設定(主にオフ)しています。

  • 設定
    一般設定:すべてオフ、フィルタ更新期間:1時間
    ブラウジングセキュリティ:すべてオフ
  • 広告ブロッカー
    迷惑要素と一番下のカスタムフィルタ以外のすべてのフィルタをオフ
  • ステルス・モード
    すべてオフ(一番上のステルス・モードをオフ)
  • ホワイトリストとユーザーフィルタ
    自分用にいろいろ設定
    ホワイトリストを逆転させるはオフ
  • その他の設定
    拡張機能のアップデートについて通知を受け取るはオン

AdGuardのバージョン3.0.7から外部フィルタの登録、更新に対応したので、内部フィルタをすべてオフにして、もちフィルタ280blockerを登録して使っています。

AdGuardのカスタムフィルタ

AdGuardの拡張アイコン(または右クリックメニュー)をクリックして、広告ブロックのオン、オフをすぐに切り替えられるので、ブログなどで自分の役に立つ記事があったら、広告を表示(クリック)してみるのもいいかもしれませんね。