Googleアドセンスのアカウント非承認(無効化)の申し立て

Adsenseロゴ

Googleアドセンスのアカウント非承認(無効化)の警告があったその日のうちに、次のような申し立て文をGoogleに送信しました。なお、この文章を参考にするとアカウントが非承認(無効化)される恐れがありますので注意してください。

サイトを開設したのが、2018年8月13日で、アクセス数は半年過ぎて100、現在は200程度です。家族、友人、知人にサイトを教えたり宣伝したことはありません。
SNSなどを使った宣伝も行っておらず、ほとんどがオーガニック検索からのアクセスです。

過去に広告レビューセンターで広告を非表示にしたときに、誤って何回か無効な操作(自己クリック)をしたことがあります。大変申し訳ございません。

GoogleアドセンスとGoogleアナリティクスとの連携をしていなかったため、詳細な原因が分かりませんでした。
ここ最近は、自分で広告をクリックした心当たりもありません。
自分のIPアドレスは[xxx.xxx.xxx.xxx]です。 Googleアナリティクスで除外設定済みです。

ですが、無効な操作が行われたと疑われる行為としては、JavaScriptによる広告コードの改変が原因と思われます。
サイトの表示を高速化するために安易な気持ちでJavaScriptを設置してしまいました。
このたびは、御社ならびに広告主様にご迷惑をお掛けすることになり、大変申し訳ございませんでした。
広告コードを改変するJavaScriptを撤去し、規約違反にならないように広告コードを設置します。 また、広告コードを改変するJavaScriptの記事も削除します。

今後は、GoogleアナリティクスとGoogleアドセンスを連携させて、詳細な確認を逐次おこなうとともに、無効な操作など不自然な行為があれば、ただちに「連絡フォーム」からご連絡いたします。

このたびは、御社ならびに広告主様にご迷惑をお掛けすることになり、重ねてお詫び申し上げます。 今後、このようなことが起こらないよう、細心の注意を払って、サイトを運営してまいります。

どうか、アカウントの再開をしていただけないでしょうか。 本当に申し訳ございませんでした。 

参考になるブログ・Webサイト
しゅふたす - アドセンス狩りで停止になったgoogleアドセンスのアカウントを復活させる方法
僕はこうして生き続ける - Googleアドセンスがアカウント停止(無効)となった場合の対応方法|復活までの実体験を公開!

無効な操作(トラフィック)の原因について考えられることは次のとおりです。

  • 自己クリック:過去に数回誤って自己クリックしたことはあるが、アカウントが無効になるほど自己クリックはしていない。
  • 他者クリック:家族、友人、知人にサイトを教えたり宣伝したことはなく、自分の関係者がクリックすることはない。
  • アドセンスの報酬額:アクセス数は200前後で、報酬額1日1~4円は多いのか?
  • 記事の内容:広告をブロックする拡張機能の記事はあるが、アドセンスのサイトの追加(審査)時に特に問題になることはなかった。
  • 広告コードの改変:広告コードの一部を削除してJavaScriptで表示させていた。

広告コードの改変を無効な操作の主な原因として申し立て文(謝罪文)を作成しましたが、結局、Googleアドセンスのアカウントが非承認(無効化)されたのでありました...。

ちなみに広告コードの改変に関する記事は次のとおりです。
はてなブログのトップページにGoogleアドセンスの広告を表示
Googleアドセンスの広告表示をちょっとだけ高速化
スマホでGoogleアドセンス広告が表示されないときに試したこと
Googleアドセンスの広告データを後でまとめて追加(push)する