androidの画面をコントロールするアプリ「KinScreen」

androidロゴ

androidの画面が消えないようにするために、設定でディスプレイのスリープ間隔を長めに調整していたのですが、電源ボタンで画面をオフにしても、ふとしたはずみで電源が入ってしまい、画面が点灯したままになって、バッテリーが減ってしまうことがありました...。

だからといって、スリープの時間を短めにすると、画面が暗くなるたびに画面をタップしないといけないのでわずらわしい。という問題を解決するため、画面の点灯消灯をコントロールするアプリのKinScreen(アプリ内購入あり)を使っています。

画面のオンオフを便利にする機能がたくさんありますが、自分が使っているのは、そのほんの一部だけです。

KinScreen
KinScreen2

「By motion」で、スマートフォンを手で持っているときの微妙な動きをモーションセンサーが検知して、画面を点灯したままにします。

「While using these apps」で、選択したアプリが起動している間は、画面を常時点灯させ続けます。特定のアプリで確実に画面が消灯しないようにするために設定しています。

「15sec after last kept on」で、本体のスリープ設定と同じ時間の15秒にしています。

blog.c6h12o6.org - KinScreenでAndroid端末のスクリーンタイムアウトを自在に制御するという記事の説明が、とても詳しくてわかりやすいです。

思いがけず画面が消えてしまって不便に感じることがあったので、とても助かっています。