androidの決済アプリ「LINE Pay」が使いにくい

androidロゴ

LINEからLINE Payアプリ(LINE Pay専用アプリ)がリリースされたので、ポイント還元キャンペーン(平成最後の超Payトク祭!!!)でお得になることもあり、使ってみました。

LINEのウォレット機能でコード支払いをするときは、パスワードを入力しなければならないのですが、LINE Payアプリでは、パスワードの入力が不要(30万円未満)なので、スムーズに支払いができていいですね。ただ、決済アプリとしては使いにくいかなと思います。

アプリ起動時にカメラが起動

LINE Payアプリを起動すると、はじめから自動的にカメラが起動します。
ひとつの画面でコード支払いとスキャン支払いができるのですが、コード支払いのときは、カメラでのバーコードの読み取りは必要ないので、選択できるようにして欲しい。
(コード支払い時にバーコード表示、スキャン支払い時にカメラ起動というように)
※ 無駄にカメラが起動するのがイヤなので、アプリの権限からカメラを外しています。

支払い時に残高が表示

LINE Payでコード支払いするときに、画面にLINE Payにチャージした金額の残高が表示されるのですが、小額しかチャージしていないので、店員さんに見られるのは恥ずかしい...。

支払い後のLINE通知

LINE Payでコード支払いをしたあとに、LINEウォレットとLINE PayからLINEがきます。
非表示やブロックにすればいいのでしょうが、わずらわしい(通知はオフにしています)。

LINE Payアプリでチャージできない

LINE Payアプリ単体ではチャージすることができず、LINEのウォレット機能からチャージすることになります。個人的にLINEの軽量版のLINE Liteが使えなくなるのが残念。

LINEとLINE Payのアイコン

LINEとLINE Payのアイコンが似ているので、たまにタップし間違えたりすることも...。

LINEのアイコン

LINEアイコン

LINE Payのアイコン

LINE Payアイコン

もう少し他社のアプリを研究して、もっと使いやすくしていってもらいたいものです。