moto g7 PLUSを買ったった

Moto G7 Plusロゴ

酔っ払ってUMIDIGI Xを叩き壊してしまったので、今度はモトローラmoto g7 PLUSを購入することにしました。決め手は、アマゾンで新品が13,000円程度で売っていたこと!

そのほか、ソフト的には、root化できる、TWRPが使える、ほぼピュアなAndroidなこと。
ハード的には、ドコモのプラチナバンドに対応、FHD+(2270×1080ドット)のIPS液晶、nanoSIM2枚とmicroSD(最大512GB)1枚を同時使用可、DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)対応、光学式手振れ補正(OIS)付きカメラ、ステレオスピーカーなどなど。

ブートローダーのアンロック

下記ブログのとおり作業すると、ブートローダーをアンロックできますが、少しとまどったところもあったので、メモしておきます。

  • Motorola global portal siteにアカウントを新規登録してサインインした。
  • コマンドウィンドウで「fastboot oem get_unlock_data」と入力すると、ロック解除データが表示されるので、右クリックメニューから「すべて選択」、Ctrlキーを押しながらCキーを押してコピーした。
  • コマンドウィンドウで「fastboot oem unlock (メールのコードを貼り付ける)」を2回入力すると、ブートローダーがアンロックされる。

参考になるブログ・Webサイト

ROMのアップデート

購入時のシステムのAndroid 9(ビルド番号「PPW29.98-66」)は古いので、最新のROMにアップデートします。

パソコンに以下のファイルをダウンロードして展開(解凍)します。

上記のすべてのファイルをひとつのフォルダ(例えば「Firmware」)にコピーします。

moto g7 PLUSを「Fastboot mode」(音量の-ボタンを押しながら電源ボタンを押す)にしてからパソコンとUSB接続します。

最後に上記のフォルダの「Flash ROM.bat」を実行します。

参考になるブログ・Webサイト

TWRPとMagiskのインストール

下記のブログの手順のとおり、TWRPをインストールました(TWRP公式のファイルではうまくインストールできませんでした)。

ちなみに、システムはあえてAndroid 9(ビルド番号「PPWS29.98-111」)、TWRPはtwrp-installer-3.4.0-v2.1-test-lakeTWRPのテーマ321X_v1_hdpi_black-signed.zipAROMA Filemanageraromafm-2.00b7.zipを使っています。

また、Magiskはv21.4、Magisk Managerはv8.0.7、Riru coreはv21.3、EdXposedはYAHFA-v0.4.6.0_beta、EdXposed Installerはv2.2.5を使っています。

参考になるブログ・Webサイト

システムアプリの無効化

moto g STYLUS(moto g PRO)の無効化アプリリストを参考に、moto g7 PLUSのUSBデバッグを有効にしてパソコンと接続し、ADB AppControlでちまちまと無効化します。

参考になるブログ・Webサイト

そのほか

  • 着信音を初代Moto Gの着信音「Moto」!!にします。「ボンボン、トゥルルル~」です。

参考になるブログ・Webサイト

  • VoLTE音声通話用にAPN(IMS)を設定します(やらなくてもいいが念のため)。

参考になるブログ・Webサイト