WebページのURLに関するchrome拡張機能

chromeロゴ

使う人にとっては便利なWebページのURLに関するchrome拡張機能をメモしておきます。

Ad Close Gold(更新:2018年2月4日、サイズ:195KiB)

指定したURL、または、URLの一部と一致するWebページを自動的に閉じます。
(現在のタブや新しいタブで開かれたWebページを自動的に閉じます)

Tab Blacklist(更新:2018年5月20日、サイズ:17.71KiB)も同じような拡張ですが、新しいタブで開かれたWebページのみを自動的に閉じます。

Clickable Links(更新:2018年6月7日、サイズ:28.34KiB)

クリックできないURLと電子メールアドレスをクリックできるように変換して表示します。
同じ名前で違う拡張のClickable Links(更新:2014年9月29日、サイズ:55.68KiB)もありますが、前者のほうがうまく変換できている感じがします。

- 追記 -
Clickable Linksがchromeの検証モード(デベロッパーツール)でエラーを出すようになったので、次の拡張機能に乗り換えました。

LinkBot(更新:2019年1月6日、サイズ:97.48KiB)

※ アマゾンの表示がおかしくなるのでExclude a sitesに「www.amazon.co.jp」を登録

uSuperDrag(更新:2018年6月30日、サイズ:16.15KiB)

Webページのリンクやリンクの一部の文字列をなぞって(ドラッグして)選択できます。
また、Webページの文字列(単語、テキスト)をドラッグして検索したり、リンクをドラッグして新しいタブで開いたりすることもできます(スーパードラッグ)。