androidのRSSリーダーアプリ

androidロゴ

androidのニュースアプリでは有名なNHKニュース・防災Yahoo!ニュースを日頃から使っているのですが、主要ニュース以外のコンテンツがわずらわしいので、RSSリーダーにNHKニュースのRSSとYahoo!ニュースのRSSを登録して、ニュース記事を表示させてみることにしました。

たくさんのRSSリーダーアプリの中から、広告なしで無料のSmartFeedReadify、広告ありで無料のFeediaを使って、それぞれ比較してみました。

  • カテゴリー:カテゴリーごとにWebサイトの登録あり(ニュースのカテゴリーなし)
  • 記事一覧のレイアウト:1列~4列、リスト表示(すべて画像あり)
  • 記事の表示:内蔵ブラウザ(外部ブラウザなし)
  • 記事の順番:新しい記事が先頭
  • 記事の表示件数:設定できない
  • 既読記事の非表示:設定できない
  • 記事の更新:自動更新なし、アプリの起動時に更新、引っ張って更新
  • 文字の大きさ:小さい、普通、大きい、特大

自分の環境(Android 6.0)では、最新バージョン(1.0.4)が起動時に強制終了してしまうので、旧バージョン(1.0.1)での使用感となります。

できないことも多いですが、割り切って使う分には、シンプルでいいアプリだと思います。

  • カテゴリー:カテゴリーなし(Google ニュースのみ登録)
  • 記事一覧のレイアウト:リスト表示(画像のありなし)
  • 記事の表示:内蔵ブラウザ(一部外部ブラウザ)
  • 記事の順番:新しい記事が先頭(古い記事を先頭にできる)
  • 記事の表示件数:設定できない
  • 既読記事の非表示:設定できる
  • 記事の更新:自動更新あり、アプリの起動時に更新あり、引っ張って更新
  • 文字の大きさ:-2、-1、Standard、+1、+2、+3、+4、+5

外国製のアプリですが、日本語化されていてわかりやすく、動作も軽く使いやすいです。
カテゴリーがないので、自分でWebサイトのRSSフィードを追加しなければならなく面倒。

  • カテゴリー:カテゴリーごとにWebサイトの登録あり(ニュースのカテゴリーあり)
  • 記事一覧のレイアウト:1列(大画像)、2列とリスト表示(画像のありなし)
  • 記事の表示:外部ブラウザ(内蔵ブラウザなし)
  • 記事の順番:新しい記事が先頭
  • 記事の表示件数:25~200件
  • 既読記事の非表示:設定できる
  • 記事の更新:自動更新あり、アプリの起動時に更新なし、引っ張って更新
  • 文字の大きさ:極小サイズ、小サイズ、中サイズ、大サイズ、極大サイズ

見た目もよく、いろいろ設定できていい感じなのですが、自分の環境(Android 6.0)では、動作が重く(反応が1テンポ遅い)、自動更新時にエラー(強制終了)が発生します。

個人的には、NHKニュースとYahoo!ニュースを表示させるだけなら、SmartFeedが使いやすいかなと思いますが、NHKニュースを画像を表示させないで見るのなら、Readifyが記事全文を取得できるので、表示が速く、見やすいと思いました。

自分のスマホにインストールしているアプリ全部...

androidロゴ

このブログをカスタマイズするときにとても参考にさせてもらった、FOXISMのorefolderさんのメインサイト(orefolder.net)で、あなたのスマホにインストールされているアプリ全部教えてくださいという企画があったので、協力してみました。

アプリ数は全部でたぶん77本 (使っていないアプリは10本 ほど)くらいあったかな?
Xposedとそのモジュールは含めず、そのほか古いアプリなどは省略しました。

この記事にアプリのリストを載せようかと思ったのですが、長くなるのでやめました...。

今使っているアプリのうち、記事にできるものは記事にして、最終的にアプリのまとめ記事を作るのがひとつの目標なのですが、なかなかやる気が起きません...。

みなさんにはあまり参考にならないかもしれませんが、のんびりやっていきます。

Android 7.0 Nougat(ヌガー)にアップデートしてみましたが...

androidロゴ

今さらながらスマートフォンをAndroid 6.0 Marshmallow(マシュマロ)からAndroid 7.0 Nougat(ヌガー)にアップデートして、数日使ってみましたが、結局、元のAndroid 6.0に戻しました...。

というのも、バッテリー(電池)持ちが常用できないくらい悪くなってしまったからです。
常時画面を表示した状態で、1分で1%くらい減ります。あくまでも体感的にですが。
ディスプレイの明るさの自動調節がうまく機能していなかったのが要因かもしれません。

それと、ステータスバー(通知領域)のクイック設定パネルのタイル(項目)をすべて非表示にしても、クイック設定のスペースが削除されず、空白のまま表示されるのも困る。
(クイック設定の代わりにPower Togglesでトグルスイッチを表示させているので)

そして、要rootアプリのRecently(終了したアプリをアプリ履歴に表示させない)がAndroid 7.0に対応しているはずなのに、自分の環境では動作しなかったり。

セキュリティ的にはAndroid 7.0のほうがいいのでしょうが、Android 6.0と比べて大きく使い勝手が変わったわけでもなく、何か問題が起きない限り、とりあえずはAndroid 6.0のまま使い続けようと思います。