UMIDIGI F1の気になるところ

UMIDIGI F1ロゴ

二ヶ月前に購入した格安中華スマホUMIDIGI F1ですが、コストパフォーマンスが良く、ハード全体のバランスがとれた、とても使いやすいスマートフォンだと思います。

ただ、ある程度使い込んでみて、気になるところもいくつかあったので、そのあたりを軽く書いていきます(思いつくことがあったら随時追加します)。

タスクキル

この機種特有の不具合ではなく、Android 9.0 Pieの仕様なのかもしれませんが、アプリがよく強制終了(タスクキル)します。特にバックグラウンドで動作しているアプリに多い。
「(アプリ名)が繰り返し停止しています」という警告(ダイアログ)がうっとうしい。

速度

ミドルレンジの機種なので仕方ありませんが、思ったほど動作が速くなくて残念でした。
特にアプリの起動が遅く、アプリのアイコンをタップしてから一呼吸(1テンポ)間があってアプリが表示されるような感じです。

メモリ

4GBのメモリ(RAM)を搭載しているのですが、Android OSの平均メモリ使用量が1.5GBほどあって、さらに常駐しているアプリで1.5GBほど使用しているので、メモリにあまり余裕がありません...。

ノッチ

見た目はM字型よりも水滴型のほうが(表示領域も広く)まだましですが、それでもあまり好きではないので、縦画面はNotch Remover(広告ありで無料、有料版あり)で、横画面はMagiskのモジュールのG-Visual Modで目立たないようにしています。

カメラ

カメラの画質が良くないと評判ですが、写真を撮ってないのであまりわかりません。
標準のカメラアプリの使い勝手は悪くないと思うのですが。gcamで改善できるらしい。

USB端子

バッテリー充電やデータ転送でUSBケーブルを接続するUSB端子が少しぐらつくので、充電はマグネット式の充電ケーブルで対応することにしました。

電源ボタン

本体を握ったときに、人差し指や中指が当たるところに電源ボタンがあるので、何度か誤ってボタンを押してしまうことがありました。

そのほか

自分の環境だけかもしれませんが、EdXposedをインストールしていると、本体の起動に少し時間がかかったり、動作が不安定になることがあります...。
また、Wi-FiルータAterm WG1200HS2を使っているのですが、UMIDIGI F1をWi-Fiに接続すると、Wi-Fiに繋がっているのに、表示が「接続済み、インターネット接続なし」になってしまいます...。

参考になるブログ・Webサイト