UMIDIGI F1にMagiskをインストール

UMIDIGI F1ロゴ

UMIDIGI F1 にTWRPをインストールできたので、まずは、すべてのファイルをバックアップ(バックアップするパーティションをすべてチェック)しました。

次に、TWRPでMagiskMagisk Manager 7.5.2-b39f4075)をインストール(ルート化)し、MagiskにRiru-coreEdXposedSandHook-v0.4.5.1_beta)の2つのモジュールを追加、最後にEdXposed Installerをインストールしました。

参考になるブログ・Webサイト
ガジェットオン ブログ - UMIDIGI F1 Magisk + EdXposed

- 追記 -
EdXposedを最新バージョン(SandHook~No.Custom.Magisk.zip)に変更しました。

参考になるブログ・Webサイト
GitHub - Juxstin/EdXposed-SnapChat-Bypass

rootアプリroot apps
Xposedのモジュールxposed module

今まで使っていたスマートフォンAndroid 6)にインストールしていた要rootアプリXposedモジュールが、UMIDIGI F1(Android 9)では動作しないものがあって、また、rootアプリとXposedのモジュールを整理して、画像のとおり少なめになりました。

rootアプリでは、androidのシステムやデータをすべて丸ごとバックアップするFlashFireの代わりにTWRPで自動バックアップもできるFlasherを、アプリのキャッシュや履歴を削除するAyros History Cleanerの代わりにEasy Cache Wiperをインストールしました。

Xposedモジュールでは、Bromite SystemWebViewを開発者向けオプションのWebViewの実装で選択できるようにAnyWebViewを、ロック画面でステータスバーをスワイプできないようにするNoQSInLockScreenをインストールしました。

Magiskのモジュールは、UMIDIGI F1のノッチが目立たないようにステータスバーの高さを変更したり、横画面のフルスクリーン時にノッチ周りを黒帯にしない(表示領域を広げる)G-Visual Modをインストールしました。

- 追記 -
TWRPがブートループ(システムが起動せずTWRPしか起動しなくなる状態)になることが何度かあったので、その対策になるかわかりませんが、ワイヤレスアップデートを無効にすることにしました(TWRPでRemove-AdupsFota.zipをインストール)。

参考になるブログ・Webサイト
XDA-Developers - Umidigi F1 TWRP Bootloop