UMIDIGI F1 を買ってはじめにしたこと

androidロゴ

アマゾンから格安中華スマホのUMIDIGI F1が届いたので、いろいろといぢっています。
開封の儀を済ませて、本体に電源を入れて、起動確認とバッテリーの充電を確認してから、さっそく、ROMのアップデートとTWRPをインストールしました。

ROMのアップデート

  • 本体(UMIDIGI F1)の電源を切って、パソコンのUSBに接続すると、デバイスマネージャーに数秒間「Mediatek PreLoader USB VCOM」と表示される。問題がなければ本体をUSBから取りはずし、認識しない場合はドライバーをインストールして再確認する。
  • パソコンに最新のSP Flash ToolROM(2019090417_g38v71c2k_kw_f1.rar) をダウンロードして、任意の場所に展開(解凍)する。
  • SP Flash Toolのフォルダのflash_tool.exeを実行して、Scatter-loading Fileの欄にROMフォルダのMT6771_Android_scatter.txtを選択(読み込み)する。
  • SP Flash Toolのフラッシュモードが「Download Only」になっていることを確認して(「Format All + Download」は絶対に使用しない)Downloadボタンをクリック。
  • 本体(UMIDIGI F1)の電源を切って、パソコンのUSBに接続すると、ROMのインストールが自動的に開始され、成功すると、ウィンドウに緑色のチェックマークがついた画面が表示される。

MediaTek SP Flash Tool Tutorial - UMIDIGI COMMUNITY

ブートローダーのアンロック

  • 本体(UMIDIGI F1)を起動(Androidを起動)し、設定→システム→詳細設定→端末情報→ビルド番号を連打して「開発者向けオプション」を表示、タップして「OEMロックを解除」をオン、「USBデバッグ」をオンにする。
  • Minimal ADB and Fastbootのフォルダを、シフトキーを押しながら右クリックして「コマンド ウィンドウをここに開く」を選択する(コマンドプロンプトを開く)。
  • 本体(UMIDIGI F1)を起動したまま、パソコンのUSBに接続して、コマンドプロンプトに「adb reboot bootloader」と入力すると、本体がfastboot modeで再起動する。
  • そのままコマンドプロンプトに「fastboot flashing unlock」と入力したあと、音量+ボタンを押す(ブートローダーのアンロックを選択)。
  • そのままコマンドプロンプトに「fastboot reboot」と入力すると、本体が再起動する。

※ 本体のすべてのユーザーデータが削除されリセットされる

TWRPのインストール

TWRPをインストール

  • 上記のQiitaの記事からTWRPのイメージ(twrp-3.3.1-0-f1-20190909.img)と暗号化解除ファイル(disable-force-encryption.zip)をダウンロードして、TWRPは任意の場所に、暗号化解除ファイルはMinimal ADB and Fastbootのフォルダに保存する。
  • SP Flash Toolのフォルダのflash_tool.exeを実行して、Scatter-loading Fileの欄にROMフォルダのMT6771_Android_scatter.txtを選択(読み込み)する。
  • SP Flash Toolのフラッシュモードが「Download Only」になっていることを確認する。(「Format All + Download」は絶対に使用しない
  • ファイルリストのチェックボックスを「recovery」の行だけオンにして、Locationをクリック、TWRP(twrp-3.3.1-0-f1-20190909.img)を選択して、「Download」ボタンをクリック。
  • 本体(UMIDIGI F1)の電源を切って、パソコンのUSBに接続すると、TWRPのインストールが自動的に開始され、成功すると、ウィンドウに緑色のチェックマークがついた画面が表示されるので、本体をUSBから取りはずす。

暗号化の解除

  • 本体(UMIDIGI F1)の音量+ボタンを押しながら電源ボタンを押し、画面にRed State~と表示されたら手を離す。
  • 本体(UMIDIGI F1)のTWRPが起動するので、パスワード入力はキャンセルし、そのままパソコンのUSBに接続する。
    • そのままコマンドプロンプトに「adb disable-verity」と入力すると、一時的に本体の暗号化が解除されるので、本体のTWRPのメニュー画面で、マウント→「Vendor」とタップして、vendorフォルダをマウントする。
  • 続けてコマンドプロンプトに「adb push disable-force-encryption.zip /vendor/」と入力し、本体のvendorフォルダに暗号化解除ファイル(disable-force-encryption.zip)を送り込む(コピーする)。
  • 本体のTWRPのメニュー画面で、インストール→vendorフォルダ→disable-force-encryption.zipとタップしてインストールする。
  • 本体のTWRPのメニュー画面で、消去→「スワイプでデータの初期化」してワイプする。(本体のすべてのユーザーデータが削除されリセットされる)

標準リカバリの置き換え阻止

  • このままシステム(Android)起動すると、TWRPが標準リカバリに戻ってしまうので、そのままメニュー画面に戻って、再起動→リカバリとタップ、TWRPを再起動する。
  • TWRPのメニュー画面で、マウント→「System」とタップ、メニュー画面に戻って、高度な機能→ファイルマネージャーとタップ、systemフォルダ→systemフォルダ→recovery-from-boot.p(/system/system/recovery-from-boot.p)とタップして削除する。

※ TWRPをインストールしても、ブートローダーをアンロックしないと起動できない