YouTubeを使いやすくするchrome拡張機能

chromeロゴ

YouTubeを使いやすくする主に単機能なchrome拡張機能について、メモしておきます。

Hide YouTube Annotations(更新日: 2018年7月19日、サイズ: 9.27KiB)

動画のアノテーション(注釈)を見えなくします(非表示)。
設定のアノテーション表示が自動的にオフになるところが気に入っています。

Youtube's Annotations No More(更新日: 2018年2月5日、サイズ: 21.74KiB)
もいいかなと思ったのですが、設定のアノテーション表示がオンのままなのが惜しい。

広告をブロックするchrome拡張機能で書きましたが、AdBlock Plusの自作フィルタに「youtube.com/annotations_」を追加しても同じことができます。

Disable Autoplay for YouTube(更新日: 2017年7月31日、サイズ: 67.89KiB)

動画を開いたときに動画を自動的に再生しないようにします。
(埋め込み動画やプレイリストでも動画を自動的に再生しないように設定できます)

Auto Pause|Stop for YouTube™(更新日: 2016年12月9日、サイズ: 115KiB)

Auto Pause:動画を一時停止します。自動的にバッファリング(読み込み)します。
Auto Stop:動画を一時停止し、バッファリングしません。
(プレイリストでも動画を自動的に再生しません)

Autoplay No More(更新日: 2018年5月28日、サイズ: 13.52KiB)

動画を見たあとに次の動画が自動的に再生されないようにします。
(設定の自動再生表示が自動的にオフになります)

YouTube Auto HD + FPS(更新日: 2018年8月6日、サイズ: 26.29KiB)

動画の品質を自動的に設定します。FPSごとに品質を設定できます。
設定した品質がない場合は、その最高画質で表示されます。埋め込み動画にも対応。

Night Mode for YouTube(更新日: 2019年5月12日、サイズ: 9.62KiB)

YouTubeにログインしなくても、拡張アイコンをクリックしてダークモードをオンオフできます。

YouTube Dark Theme(更新日: 2018年1月15日、サイズ: 20.65KiB)

拡張独自のダークテーマを設定します(YouTubeのダークテーマがオフでも動作)。

Webサイトの見た目を変更するchrome拡張機能の「User JavaScript and CSS」にJavaScriptのコードを追加すれば、ダークテーマと自動再生の無効を適用できます。

- 追記 -
YouTubeを強力にカスタマイズするchrome拡張機能を書きました。